店舗がないオンライン販売→だから格安で買える!

スカイゲートの格安航空券 >> 海外情報 >> イエローナイフ/カナダ

イエローナイフは普通の防寒着は厳しい

カナダのイエローナイフは、世界一オーロラの出現率が高い地域として知られています。
イエローナイフの冬の平均気温は、マイナス28度と言われていますが、世界中の旅行者がオーロラを見る為に
この極寒の地に訪れると言われています。
イエローナイフでは、3日に1日以上は、オーロラが見られると言われているのですが、
かなり気温が低いため、普通の防寒着では対応しきれません。

防寒着は現地でレンタルするのがベストチョイス

イエローナイフの住民の多くは、カナダのブランド「カナダグース」のダウンジャケットを着て生活していると言われています。
日本でも同じブランドが販売されているのですが、カナダグースのジャケットは、
日本の気温に合わせてダウンの量が減らされているので、現地でレンタルするのが一番だと言われています。
また、日本から出ているイエローナイフのオーロラツアーには、防寒着のレンタルがセットになっている事もあるのですが、
ツアーの価格によって、防寒着の種類や、宿泊施設、食事、飛行機の乗り継ぎなどの違いがあると言えるでしょう。
もちろん、費用を抑えようと思えば、直接現地まで飛行機で行って、
ホテルの手配や、防寒着のレンタル、現地からのオプショナルツアーの予約などを住ませる事も出来ます。
何よりも気温が低く寒いので、色々と出歩くのが厳しいですし、ツアーと個人旅行だと、
一人当たり3万円ほどしか変わらないので、手間料なども合わせれば、そこまで大きな違いは無いと言えるでしょう。
東京(成田・羽田)発 イエローナイフ行き スカイゲート格安航空券

気温の低さから飛行機の遅れはあると考えておく

日本からイエローナイフに行く為には、まず、カナダのバンクーバーで乗り継ぎをする必要がありますが、
気温が低く、雪も降っている事がほとんどなので、かなりの確率で飛行機が遅れると言われています。
また、イエローナイフ空港は、とても小さく、公共の交通機関が無いため、
タクシーを呼んでダウンタウンまで移動する必要があるでしょう。(ツアーの場合には、ホテルから迎えが出ています。)
ホテルは、B&Bと言って、朝食付きの宿泊施設に泊まる事が多いのですが、それ以外の食事は外食になる事が多いと言われています。

オーロラツアーは数回パックがお勧めです

さらに、イエローナイフのオーロラツアーは、深夜に開催されており、多くの場合、深夜の1時頃に出発に鳴ります。
ただ、移動も含めて、オーロラが見られるスポットから帰ってくるのは、朝の3時頃で、オーロラを待っていられる時間は少ないため、
オーロラツアーの多くは、1回だけでなく、2回や3回のパックになっているそうです。
また、数回のパックを組んだ方が、1回あたりの価格もお安くなるので、時間と予算に余裕がある方、
「絶対にオーロラを見たい!」という熱意のある方は、数回チャレンジしてみるのが良いでしょう。
もちろん、オーロラを待っている間は、野外にいる事になるのですが、オーロラを見られるスポットには、
待機用のテントだけでなく、外のイスに座った状態で温まれるこたつがオプションで付いているので、利用するのがいいでしょう。

カナダの大自然を肌で感じられます

ちなみに、オーロラが見られるのは深夜と言う事もあり、日中はツアーでも、自由行動に鳴っている場合が多いので、
イエローナイフから出発するツアーに参加するのもオススメです。
例えば、イエローナイフでは、野生のバッファロー見学ドライブツアーなどが出ており、
カナダの大自然を感じながら、野生動物を見に行くのも良いでしょう。
また、イエローナイフの町では、カリブーの肉を使ったスープなどの食事も食べられるので、
その点でも、カナダを大満喫出来ると言えるでしょう。
東京(成田・羽田)発 イエローナイフ行き スカイゲート格安航空券

スカイゲート(DeNAトラベル)の特集記事

海外出張、研修旅行もしっかり対応 2013/11/08UP

スカイゲートの特化バーゲンはホントにすごい 2013/10/31UP

スカイゲートの特集記事の一覧はこちら

格安航空券の特集記事

格安航空券はナゼ安い? 2013/12/26更新

格安航空券の飛行機に乗り遅れたら? 2013/12/19更新

格安航空券の特集記事の一覧はこちら

海外情報記事

カイロ/エジプト 2013/11/15UP

オークランド/ニュージーランド 2013/08/15UP

海外情報記事の一覧はこちら