店舗がないオンライン販売→だから格安で買える!

スカイゲートの格安航空券 >> TAX航空諸税とは

TAX航空諸税とは

飛行機に乗る時には空港を使いますが、空港の使用には税金がかかり、それがTAX航空諸税です。
このTAX航空諸税の肩書きは国によって違い、料金にもかなり差が有ります。
例えば、日本の成田空港なら施設使用料が2040円、旅客保安サービスが500円、合計で2540円です。
しかし、韓国のソウルなら旅客サービス料が24時間以内で790円、それ以上で2200円かかります。
日本人旅行客人気ナンバーワンのハワイなら、国際通行税が3140円。

航空券は様々な料金がかかる

そしてTAX航空諸税が、一番高額な国と言えば、イギリスの航空旅客税(ビジネスクラス以上)12070円ではないでしょうか。
経済的に余裕があるからビジネスクラス以上に乗れるのでしょうけど、航空税だけで12000円超えてしまうのは、やはり高額に感じます。
このTAX航空諸税は、航空券の購入の際に各種TAXとして含まれている場合が多く、購入時のレートで換算された金額で徴収されます。
空港到着時に、空港税を徴収する空港もあるので、その時には現地通貨または米ドルでの支払いが必要になります。
航空券一つ買うにも、航空税、燃油サーチャージなど航空券以外の料金がかかることを覚えておきましょう。

スカイゲート(DeNAトラベル)の特集記事

海外出張、研修旅行もしっかり対応 2013/11/08UP

スカイゲートの特化バーゲンはホントにすごい 2013/10/31UP

スカイゲートの特集記事の一覧はこちら

格安航空券の特集記事

格安航空券はナゼ安い? 2013/12/26更新

格安航空券の飛行機に乗り遅れたら? 2013/12/19更新

格安航空券の特集記事の一覧はこちら

海外情報記事

カイロ/エジプト 2013/11/15UP

オークランド/ニュージーランド 2013/08/15UP

海外情報記事の一覧はこちら