店舗がないオンライン販売→だから格安で買える!

スカイゲートの格安航空券 >>燃油サーチャージを教えます

航空券の価格+燃油サーチャージ

航空券を購入する時には、必ず出てくる「燃油サーチャージ」という言葉ですが、
この意味をしっかりと理解していないと、困った事になるケースが増えています。
まず、旅行代理店では、時々格安の航空券を販売していますが、実は、航空券の価格は、それで全てではないのです。
例えば、「韓国の往復航空券が10000円!」というセールをやっていたとしても、航空会社によって、
航空券代金とは別に、燃油サーチャージを徴収しているため、結果的に、料金が韓国の往復で30000円になってしまう事もあります。

乗客が燃油一部を負担する

この燃油サーチャージは、賀来航空会社が独自に決めているもので、燃油の価格が高騰しているため、
乗客がその燃油の一部を負担するというものです。
その為、最近では、航空券の料金よりも、燃油サーチャージが高くなってしまう事もよくあるのです。
逆に、燃油サーチャージの価格は、燃油の価格によって上下しますから、燃油が安い時期には、
必然的に、燃油サーチャージも安くなり、その結果、いつもより安く飛行機に乗る事も可能です。
ただ、燃油の価格は、上昇傾向にある為、この先、燃油サーチャージが下がるのは、可能性が低いと言えるでしょう。

スカイゲート(DeNAトラベル)の特集記事

海外出張、研修旅行もしっかり対応 2013/11/08UP

スカイゲートの特化バーゲンはホントにすごい 2013/10/31UP

スカイゲートの特集記事の一覧はこちら

格安航空券の特集記事

格安航空券はナゼ安い? 2013/12/26更新

格安航空券の飛行機に乗り遅れたら? 2013/12/19更新

格安航空券の特集記事の一覧はこちら

海外情報記事

カイロ/エジプト 2013/11/15UP

オークランド/ニュージーランド 2013/08/15UP

海外情報記事の一覧はこちら